必要最低限で生きるblog

必要最低限の生活について多面的に書かせてください

必要最低限なママチャリ旅はやめとけ!

f:id:renoacharider:20210408181130j:plainママチャリをする理由について前回の記事では語った

mamacharider.hatenablog.com

今回はママチャリ旅をするうえで、心しておくべきデメリットについて語りたいと思う

 

ママチャリ旅のデメリット4選

  • 車体が重い

 知っての通り、ママチャリは車体が重い

クロスバイクは10kg~15kg    ロードバイクは10kg以下(軽いものだと6kgほどのものもある)

一方で、ママチャリは一般的に15kg~20kgと言われており、倍近い重量だ

筆者は28インチの比較的大型のママチャリを使用しており、かなり重かった印象だ

チャリ旅では自転車を担ぎ上げなければならない場面もある

そのときにこれだけの重さのものを持ち上げるのは体力も削られるし、負担になる

 

  • スピードが出ない&走行距離が短くなる

車体が重いことにも関係するが、ママチャリは速いスピードを出すことは難しい

変速がない場合や、あっても3段階か6段階までというのが現状だ

クロスバイクは24段か27段、ロードバイクは20段か22段のものが多く、ママチャリとは天と地の差だ

そのため、平均速度はママチャリは15㎞/h程度であるのに対し、クロスバイクでは20㎞/h~30km/hと差がある

少しの差に思えるかもしれないが、1時間で5km先に進めるのか、そうでないかという差はチャリ旅において重要な要素となりうる

一日12時間走行すると5×12=60kmも差が生まれることになるのだ

 

  • 坂道がマジでしんどい

チャリ旅において最もつらい部分であり、醍醐味である「坂」

特にヒルクライムつまり上りは肉体的にも精神的にもきつい

某自転車競技部マンガの主人公は楽しそうに坂を登るが現実は違う

上記に挙げたポイントとも関係するが、ママチャリでヒルクライムをするのは愚の骨頂と言えよう 

そもそもママチャリは街乗り用であり、坂道は活躍の場ではない

なお、下り坂はママチャリでもかなり楽しい

 

 

弱虫ペダル 70 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 70 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者:渡辺航
  • 発売日: 2020/12/08
  • メディア: Kindle版
 

 

  • カッコ悪い

ママチャリで旅をしようという諸君は目立ちたがりか変人、貧乏人どれかに当てはまることだろう 

 ママチャリ旅をするにあたって、SNSでそのことをアピールすることになるだろう

当然、写真を投稿する際に愛車を載せることになると思う

ロードバイクやクロスバイクはスタイリッシュなデザインが多く、カラーリングも多様だ

それに比べ、ママチャリはダサい

ママチャリを愛しているが、現実としてダサい

インスタ映えはしないと断言できる

ただ、ママチャリにもオシャレなものが出てきたみたいだし、自分でカスタマイズすれば、自分だけのカッコイイママチャリを創ることができるだろう

 

  • 費用が意外とかかる

何日も旅を続けると様々な費用が必要になってくる

まず、食費

体力勝負なこの遊びはとにかく腹が減る

3食は当然、プラスアルファで補給を取る必要があるため、普段の2倍の経費が掛かると思ったほうが良い

のども乾くので、飲料も驚くほど購入することになる

 

宿泊費

体力勝負ということは体力を回復することも必要

野宿すれば無料だが、体はなかなか休まらない

マンガ喫茶やゲストハウスで格安に抑えることもできるし、ホテルで散財もあり

いずれにせよ、宿泊費が毎日かかる

 

 まとめ

以上がママチャリ旅のデメリットだ

思ったより労力・費用がかかることを心してほしい

私の個人的な意見としてはこれらのデメリットを帳消しにするメリットがこの旅には存在すると思う

一度ママチャリ旅をして、それぞれのメリットを感じてほしい

 

Copyright ©ママチャリダー漫遊記 All rights reserved.

プライバシーポリシー