必要最低限で生きるblog

必要最低限の生活について多面的に書かせてください

【必要最低限旅】ママチャリ「福井~愛知編」①

ママチャリ旅アーカイブの初回は「福井~愛知編」

人生初のママチャリによるロングライドとなったこの旅について振り返る

ガラケー時代ということもあり、写真は少なめ GoogleEarthで代用

 

時:2010年8月7日0:00発 20:00着

同行者:2名

使用した自転車:アルページュ(SAIMOTO) 28インチ

www.saimotobicycle.com

 

 

福井市~南条SA

2010年8月7日

午前0時

カバン一つを抱えママチャリに乗った男3人が、福井市のとある田舎から愛知県へとペダルを踏み出す

スタートは、福井県民憩いの地「エルパ」の辺りから

国道8号線をひたすら南下していく

 

午前1時

 鯖江市到着

メガネの町として有名な鯖江 ちなみに私は視力2.0で無縁

深夜スタートということもあり、眠気が出てきたのでファミリーマート神中8号店で「メガシャキ」購入    効果は…なかった

 

午前2時 

越前市到着

越前ガニはあまりに有名 ちなみに○○ガニはほとんどズワイガニで同種

8号線の行松交差点にて国道365号線へと進む

8号線をこのまま進むと、自転車には危険な道となっていくのでお勧めしない

海岸沿いの道になるので、景色はいいが車通りも多いので注意が必要

  

行松交差点 8号線と365号線が交差している 写真左奥に進むと南条方面

 

365号線に入り、南条方面へとひたすら南下

北陸道南条SAを目指す

深夜+田舎=漆黒 ということで自転車のライトとわずかな街灯を頼りにひた走る

午前4時

南条SA

日野川の橋を渡り南条SAに到着

ほとんどのSAやPAは裏に入口があって、施設に入ることができる

椅子とテーブルを使って、仮眠をとる

8月だが北陸の夜は寒く、少し震えながら眠った

ここまで(福井市~南越前町南条SA)約33㎞,4時間の行程であった

 

ここまでのルート紹介

 

南条SA~敦賀市

午前6時 再出発

南条SAにて2時間ほど仮眠をとり、ファミマでおにぎりとファミチキを摂取し、出発

同行者の一人は眠れず、もう一人は爆睡だった

神経の図太いものがチャリ旅を制するのかもしれない

日野川、北陸道、北陸本線と並走しながら365号線を進む

このあたりから国道476号線も重複区間となる

 

今庄そばで有名な南越前町今庄を過ぎたあたりから勾配がきつくなる

孫谷川の橋を横切るあたり(上部写真)からじわじわと効いてくるイメージ

 チャリ旅の醍醐味のも言える坂だが、やはりママチャリはきつい

 

途中で、ウリ坊(イノシシの子供)と出会うハプニングに見舞われながらも坂を登り続ける 

上り坂は約4㎞で「木ノ芽峠トンネル」まで 最後の坂は勾配がやばい

午前8時 

木ノ芽峠トンネル到着

 上り坂の終着点 ここで国道365号とはお別れ

 木ノ芽峠トンネルを抜け、敦賀市まで一路下り坂

かなりスピードが出るうえに、急カーブもあるので注意が必要

チャリ旅で一番気持ちいいのはダウンヒル、下り坂を駆け抜ける時だ

上り坂の辛さはこれで忘れてしまうから、人間ってほんとアホ

 

午前9時 敦賀市

視界が開けてくるとともに敦賀市街が見えてくる 敦賀に到着

福井県嶺南地方の中心地で、割と色々ある印象 港も大きい

 

市内の自転車屋に立ち寄り、空気を入れさせてもらう

お店のおばちゃんはとてもいい人で、談笑し、水浴びもさせてもらったw

エナメルバッグを肩にかけてここまで来ていたわけだが、それはあかんということでおばちゃんが自転車のチューブを使って、チャリに括り付けてくれた

感謝感激しつつ、これから滋賀県に抜けるルートについて尋ねると

ここまでの道よりずっと楽だよ」と教えてくれた

これは朗報だと、全員で歓喜したのだった…

 

ここまでの走行距離60㎞ 経過時間9時間

次回、滋賀県突入編

 

 

 

ルート紹介「南条SA~敦賀市」 

所要時間 3時間  距離30㎞

Copyright ©ママチャリダー漫遊記 All rights reserved.

プライバシーポリシー