必要最低限で生きるblog

必要最低限の生活について多面的に書かせてください

【必要最低限旅】ママチャリ「福井~愛知編」②

 

 

mamacharider.net

 

 こちらの記事の続きになります

 

 

f:id:renoacharider:20210522173815j:plain

敦賀市気比の松原

敦賀市~滋賀県境

午前9時30分

コンビニで補給をとり、敦賀市を出発

国道8号線へ7時間ぶりに入り、滋賀方面へと進む

ゆるやかな坂が続くが、そこまできつい勾配ではない

「疋田」の交差点で国道8号線と161号線が分岐する

161号線だと湖西方面、8号線だと長浜・湖東方面へと進む

 疋田にはローソンがある、最後の補給ポイントとなるので要チェック

【疋田三差路】

 

8号線をしばらく南下していくと、県道140号と分岐するポイントがある

県道140号を進むと余呉町を抜けて、木之本に出ることができる

こちらの道は車で通った時に走りやすそうだと感じた

こっちの道を選択してもよかったと感じた

 

 

 【分岐点】左奥に行くと木之本方面 右奥に行くと8号線 近江塩津方面

 

午前10時

8号線を進んでいくと、勾配が急激に変わるスポットがある

先ほどの分岐点をすぎた後、車道に登坂車線が現れる

それを意味するのは急こう配

ここで全員がペダルを踏むことを断念した

敦賀のおばちゃんには感謝しているが、だまされた…

 

午前10時30分

歩きつつも3㎞ほど進む

 途中に鉄工所があり、自販機で飲料を補給していると

おっちゃんが出てきて、凍ったドリンクと柿をいただいた

今日は助けられる日になった

 

そして、

福井県と滋賀県の県境 この峠の頂上に到達

敦賀市とこの地点の高低差は250mほど走行距離は12㎞

この旅で一番つらく感じた区間だった

 

【頂上の風景】

 

頂上には「孫兵衛」という蕎麦屋がある

ちょうどランチタイムということで「自然薯とろろそば」をいただいた

この時食べたこの蕎麦ほどうまいそばはなかった

店内に松尾芭蕉自筆の資料があったりと、色々満たされた

tabelog.com

 

福井・滋賀県境~木之本

 

午後0時 

休憩をほどほどに坂を下り始める

滋賀県の旅がスタートした

やはり下り坂は最高で、登ってきた苦労を一瞬にして忘れる

ほどなくして田んぼや家が見え始め、視界が開ける

近江塩津駅の前を通過 この駅は湖西線と北陸本線が合流するところ

国道303号線と8号線が合流するポイントを通過

日本一の湖  琵琶湖に到着 入ってみるが、温いし澄んでいないので不快

 

若干のリフレッシュをしてから、再スタート

ここからはトンネルが連続する

今は整備されたが、当時はチャリで通るのはかなり怖かった印象

道は狭いし、トラックのエンジン音が反響してなんか嫌

喚きながらも、歴史好きには名所の「賤ケ岳」トンネルを抜け午後1時、木之本に到着

 

危険注意】「賤ケ岳トンネル」見づらいが、端に歩行者・自転車用の道がある(狭い)

 

ルート紹介「敦賀-木之本」 

所要時間3時間30分 距離25㎞

 Total:   経過時間13時間 走行距離88㎞ 

 

次回、滋賀脱出

Copyright ©ママチャリダー漫遊記 All rights reserved.

プライバシーポリシー