必要最低限で生きるblog

必要最低限の生活について多面的に書かせてください

【防災】大容量バッテリーは必要最低限?

f:id:renoacharider:20210610012823j:plain

日本は災害の多い国と言われている

災害が起きる直前や直後はその意識が高まるのだが、すぐに低くなっていく

平常時にこそ(コロナ禍ではあるが)、必要最低限の準備をしておくべきということで

最近、購入した大容量バッテリーについて紹介したいと思う

 

 バッテリーはもう必要最低限のモノ

家電や電子機器は生活に欠かせない 

それらなしでは生活するのは厳しい 特にスマホがないと不便すぎる

停電した時にスクランブル的に活躍するのが予備バッテリーになってくる

 

バッテリーを準備したはいいが、使い切ってしまった場合、無用の長物と化す

そこで、大容量のバッテリーが一台あるといいと思い、購入に至った

 

実際に購入・使用してみたところ、

災害大国日本に住むなら、一家に一台あってもいいのではと感じた

そのワケを紹介できればと思う

 

Anker PowerHouse II 400

 

2021年3月、AmazonでAnkerのセールが行われているときに入手した

倍の容量のAnker PowerHouse II 800も考えたが、値段も倍ということで400で妥協

普通のポータブル電源は今だと5000円以下でも手に入るようなので、それに比べると値段に圧倒される

 

 Anker PowerHouse IIの中身

本体もコンパクトだが、箱もちょうどいいサイズ感

f:id:renoacharider:20210610151743j:plain

 

フタを空けると、説明書がきれいに収納されている

f:id:renoacharider:20210610175220j:plain

 

付属品・・・ACアダプタ(65W出力)、USB-C-A ケーブル、USB-C-C ケーブル

f:id:renoacharider:20210610175518j:plain

 

本体

f:id:renoacharider:20210610175726j:plain

 

Anker PowerHouse IIの機能と外観

大きさ

 255㎜(横)×148㎜(縦)×139㎜(高さ) と非常にコンパクト

私の手でつかめるサイズ感

重さは4.6kgと見た目に反して重い これは仕方ない

f:id:renoacharider:20210610213030j:plain

 

充電(入力)

ACアダプターを介したDC入力に加え

USB-C端子によるPD充電にも対応しており

公式の案内によると同時入力すると最速4時間でフル充電が可能みたい

この辺りはまた別記事で検証していく

 

パススルー充電

無知な学生時代に、入力と出力を同時に行いモバイルバッテリーを破壊してしまった経験がある

Anker PowerHouse IIはパススルー充電という入出力を同時に行える機能を持つ

災害発生時にはこの機能が役立つような気がする

 

出力

ACポート DCポート シガーソケット USB-Aポート USB-Cポート

5種類の出力端子を備え付けている

シガーソケットはあまり用途がなさそうだが、バラエティに富む出力端子は魅力的だ

  

 

f:id:renoacharider:20210610220302p:plain

 

ディスプレイ

LED表示がなんとなくカッコイイ

バッテリー残量 出力数 残り充電可能時間などが表示される

100%で残り48時間らしい

f:id:renoacharider:20210611192711j:plain

 

充電させられるもの・充電時間

公式ページや他のブログのレビューにもあると思うが、用途は色々あるみたい

箱の側面に載せられてる内容だとこんな感じ

f:id:renoacharider:20210611194121j:plain

f:id:renoacharider:20210611194115j:plain

照明

緊急時が夜の時間帯であった場合、まず明かりが必要だが

Anker PowerHouse II 400には照明が装備されている

2種類のライトがあり、用途に応じて使えそう

 

f:id:renoacharider:20210611194000p:plain

 

チャリ旅に携帯できるか?

大きさはコンパクトで良いのだが、やはり旅の荷物としては大きすぎるし

4.6kgを持つことは旅の修業度を増すだけでデメリットのほうが勝ってしまう

だから、持っていけない・持って行かない

 

まとめ

大容量バッテリー・モバイルバッテリーは必要最低限

一家に一台あっても損はないだろう

Copyright ©ママチャリダー漫遊記 All rights reserved.

プライバシーポリシー