必要最低限で生き延びる

必要最低限の生活について多面的に書かせてください

【必要最低限旅】ママチャリ「福井~小浜編」

ママチャリ旅アーカイブ第二回は「福井~小浜編」

福井県内での旅行になる

東西に長い福井県を横断するような旅だ

10年前の旅となる

今回も写真が残っていなかったのでGoogleMaps やGoogle Earthで紹介していく 

 

時:2011年4月1日13:00発 22:00着

同行者:2名

使用した自転車:アルページュ(SAIMOTO) 28インチ

www.saimotobicycle.com

 

 

福井市~敦賀市

この区間は「福井~愛知編」と同様の区間を走ることとなった

mamacharider.net

前回の経験があるので、敦賀までは不安はない

 

午後1時

少なめの荷物を持った男3人が

福井市のとある田舎から小浜市という田舎へとペダルを踏み出す

スタートは、おなじみ福井県民憩いの地「エルパ」の辺りから

国道8号線をひたすら南下していく

北陸の4月はまだ寒く、数日前まで雪が降っていた 

 

午後2時

鯖江市通過

このへんの所要時間は前回とあまり変わらない

鯖江市を超え越前市に入るころに右手にドーム状の建物が見える

サンドーム福井だ 福井県でも有数のイベント施設らしい

前回の旅は夜だったのでよく見えなかったが今回はよく見える

 

 

 

午後3時

南越前町

前回と同様だが、

8号線の行松交差点にて国道365号線へと進む

8号線をこのまま進むと、自転車には危険な道となっていくのでお勧めしない

海岸沿いの道になるので、景色はいいが車通りも多いので注意が必要

  

 

 

 

この後の敦賀市までの行路も前回と同様

南条SAは今回は立ち寄らなかったのでファミリーマート今庄店で、敦賀市までの行程に備える 敦賀市までコンビ二やスーパーはないので要チェック

日も暮れてきてだんだん寒くなってきた

 

 

 

午後5時

木の芽峠トンネル

木の芽峠トンネル前の頂上に到達する

2回目のクライムということで今回は楽に感じた

 

午後6時

敦賀市

下り坂を駆け下り、半年ぶりの敦賀市に到着

もう真っ暗だ

同行者たちは舐めた格好をしてきており、震えていたため

アルプラザ敦賀店でスウェットを購入する

 

夜飯時+疲労のため「8番らーめん」に立ち寄る

北陸民のソウルフードだ 私は好きではない

福井ー敦賀間 ルート案内

 

走行距離:66.4㎞

所要時間:5時間

 

 敦賀市ー小浜市

午後7時

ここから先は嶺南地方に入っていく

福井県でも嶺北と嶺南で方言が違うから面白い

県内でも比較的きらびやかな敦賀市の夜を後にしつつ、若狭町・小浜方面へと進む

 

現在は改修されたため自転車でも通行可能だが、国道27号線の旗護山トンネルは通り抜けるのが危険そうだったので、県道225号線を使い関峠から美浜へ抜ける

峠の途中に野犬が群れており、怖がりながら一気に登りきる

頂上で美浜町に入る 美浜原発のある街だ

福島原発事故の直後で、原発銀座と呼ばれるこのあたりは微妙な空気だったらしい

 

峠を下ると、27号線の高架が見えるので歩行者・自転車用の道に入る

 

 

そのまま27号線に入り佐田トンネルを抜ける

美浜東バイパスを快適に進み、国吉城トンネルを抜けると一気に下り坂だ

美浜町の街並みが広がる

車通りが多く、夜で危険なため「郷市」を右折し若狭梅街道を進む

こちらは車通りも少なく、見通し・景色もよいためオススメ

 

右手に水辺の風景が広がる 久々子湖だ

三方五湖の一つでボート競技などが有名

 

午後8時 若狭町

若狭町に入る

そこから少し進むとまた水辺が見えてくる、三方湖だ

三方五湖最上流の淡水湖でウナギやコイが美味いらしい

 

ファミリーマート三方鳥浜店で休憩をとる

この先、コンビニがしばらくないので最後の補給スポットと思っても良い

 

そのまま梅街道を進むと、小浜線十村駅が見え、山が近づいてくる

勾配が強めの坂を登り、若狭トンネルを抜ける

 

午後9時 霧の町

若狭トンネルを抜けた瞬間、周囲に何も見えなくなった

霧だ

谷川が多く、霧の発生しやすい場所だと後でわかるのだが、当時はかなりビビった

 何日か前に「ミスト」という映画を見ていていて、状況がマッチングしすぎていた

ミスト (字幕版)

ミスト (字幕版)

  • トーマス・ジェーン
Amazon

 

とはいえ、進むしかないので、ペダルを踏む

若狭トンネルを直進した突きあたりを左折する

 

 

霧で視界は100mもなかったと思う

対向車が来るのに気付くのも、かなり近づいてからだ

霧のせいで顔や髪も濡れ始める 全てが初めての経験だ

一人だったらかなり怖かったかもしれないが、仲間がいて助かった

 

若狭町上中の町が近づくにつれ、霧が薄くなりはじめ、遠くの明かりも見え始める

左手側には田畑が広がり、春の訪れを待っている

静かな夜であったが、田んぼから轟音が聞こえてきた

鹿の群れだ

10頭ほどの群れだったが道路を横切って行った

よく車との衝突事故が起きているようだ

夜間にこのあたりを通るときは注意しなければならない

福井県は鹿被害が多いらしい 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjwrs/39/0/39_25/_pdf/-char/ja

 

 そして、小浜に向かうために下記の信号で右折する

左手に高架橋があるのが目印

 

 

午後11時 小浜市着

県道24号を小浜市方面に10㎞ほど行くと市街地の明かりが近づいてくる

小浜湾に面した漁港のある街である

10時間の短い旅であった

敦賀ー小浜 ルート案内

 

 

 

走行距離:45.7㎞

所要時間:4時間

 

まとめ

総走行距離:112.1km

所要時間:10時間

野犬、霧、鹿など自然の脅威に晒されたものの、楽しい旅となった

毎回、思うが夜間の走行は景色も見えないしデメリットも多い

昼間走行をおすすめする

f:id:renoacharider:20210618150931j:plain

 

Copyright ©ママチャリダー漫遊記 All rights reserved.

プライバシーポリシー